<< お仕事いろいろ | main | 七人の縁日侍 >>

金沢泉鏡花記念館イベント

さて、10月のビッグイベント。
10月15日に、金沢の泉鏡花記念館で開催していた
展覧会「泉鏡花×中川学 龍潭譚 -Mac × Illustrator でよみがえる幻妖の美の世界」
(2011年8月6日(土)〜11月6日(日))
の特別企画、トーク×ライブ『龍潭譚〜絵と音でつづる龍潭譚の世界〜』がありました。
場所は記念館から近くの「主計町 土家」。
今もお茶屋街として現役の主計町の一角にたたずむ、
お茶屋改装の和カフェです。
泉鏡花記念館から暗闇坂をおりてすぐの場所。
つまり、泉鏡花幼少のころ、まちがいなくこの辺りを歩いていた場所なわけです。
そんなところで、龍潭譚のイベントができるなんて、
なんという贅沢!

内容は、
中川と学芸員穴倉玉日さんの龍潭譚についての対談/40分
中川、泉屋宏樹(ブックデザイン)、今泉浄治(版画刷師)の繪草子制作座談会/30分
そして
CD制作担当の山口智さんのハンマーダルシマーとシンセ演奏、
浅野川倶楽部平野久美子さん朗読、中川の龍潭譚スライド映像のコラボ/60分
という滅茶苦茶濃い内容でした。
という贅沢な内容。楽しかったな〜。
詳しい様子は、泉屋くんが詳細な記事を書いてくれておりますので、
そちらをぜひ(^^)

そして、イベントはUSTREAMで配信したりしました(杉本恭子さんありがとう)

学芸員の穴倉さんが中日新聞にいい記事を書いてくれました。

会場で流していた映像がYouTubeで見られます
(映像制作はヴィジョントラックの光冨くん。おおきに!)

不思議の出来事もいろいろありました。
イベント終了後、急に土砂降り(^^)。
イベント中、外で争う男の声やら子どもの笑い声が聞こえたり、
揺れてもいないのに靴箱の靴が落ちたり。
同行したライターの女性が次の日の朝ホテルで不可解なできごとに見舞われたり
(朝、ホテルの階段を降りていると、カンカン音がするので、?と思ってみると、
自分のショルダーバックに、自分のではない気持ち悪い柄の傘が知らない間にかかっていて、
階段に当たっていた)。
さすがは泉鏡花先生の生家の近所です(^^);
それも含めて、楽しかったなあ〜。

  • 2012.01.05 Thursday
  • -
  • 22:43

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/01/06 11:07 AM
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
selected entries
categories
archives
profile