<< ジュンク堂 京都河原町BAL店にて | main | 創展、搬入。 >>

流潭譚 創展 Tsukutten

 

昨年、龍潭譚という繪草子を限定出版しました。
その、関西でのお披露目展覧会を開催いたします。
この本、絵はもちろん、造本の隅々までこだわりまくったものとなっております。
それはもう、物凄い。
しかしながら、どんなに凄いかというと、手に取って見ていただかないと伝わらない。
そこで、展覧会で実際に見てもらおうと思って、企画いたしました。

今回大阪での展示のポイントは、
この本の制作に参加してくれたクリエイターたちにスポットを当てている事です。
なぜそうしたかと言えば、この本が、
大阪を中心とした関西在住の作家、職人たちの手で創られたからです。
現在、クリエイティブは東京一極集中のように思われております。
しかし、それは大きな間違い。
関西の「ものづくり」の火は消えておりません。
それどころか、消費経済の中ですでに東京では不可能になった
こだわりの「ものづくり」を、関西でならすることができる。
その証拠が「龍潭譚」なのですよ。
東京のデザイン、出版関係の人たちに見せた際、
とてもうらやましがられました。
なぜこのご時世にこんな事が可能なのかと。
関西だからです(^^)。
そんな関西のものづくりパワーを見ていただける内容になると思います。
お楽しみに!

-----------------------------------------------------------------------------

泉 鏡花×中川 学 龍潭譚「創展(つくってん)」

昨年、泉鏡花の短編「龍潭譚」が繪本として出版されました。
創ったのは、イラストレーター中川学と関西のクリエイターたち。
業界の度肝を抜いた超豪華、平成の奇書はいかにして生まれたのか。
関西クリエイティブの底力に刮目の展覧会です。

日時 :2012年416日(月)〜28日(土) ※22日(日)休廊
   11時〜19(最終日17時まで) 入場無料

■作家在廊日:不定期(※各作家ブログ等でご案内いたします)


イベント(※有料)

◎トーク『繪草子 龍潭譚〜こうして創ってん〜』
1部:『奇跡的装幀の秘密』の巻
■日時 421日(土)13:30〜15:00
■内容:中川学×泉屋宏樹(グラフィックデザイナー)、上田普(書家)、今泉浄治(刷師)による
    繪草子「龍潭譚」&新作シルクスクリーン版画「うつくしき人」制作座談会
■会場:あーとスペース夢玄
■定員:25名
■入場料:1,000円(要事前申込・電話受付:夢玄)

2部:『うつくしき印刷の謎』の巻
■日時 421日(土)16:00〜17:30
■内容:中川学×泉屋宏樹(グラフィックデザイナー)、築山万里子(アサヒ精版印刷/プリンティングディレクター)による
    制作座談会&繪本カバーに使用した錫箔貼りの実演
■会場:あーとスペース夢玄
■定員:25名
■入場料:1,000円(要事前申込・電話受付:夢玄)

◯1部/2部共通券:1,800円(おまけ付)


◎朗読×ライブ『龍潭譚〜即興〜』
■日時 427日(金)19:00〜21:00(受付開始/開場18:30)
■内容:上田假奈代(朗読)×ウヲンジクス(朗読)&山口智(ハンマーダルシマー/キーボード)の
    ライブ演奏×中川学によるデジタルライブペインティング
■会場:あーとスペース夢玄
■定員:25名
■入場料:2,000円(要事前申込・電話受付:夢玄)

◯各イベントはお電話にてご予約ください
 あーとスペース夢玄(Tel:06-4790-2626)


場所 :あーとスペース夢玄 
   〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町1-6-2橋本ビル1F
   Tel:06-4790-2626

協賛:今泉版画工房株式会社 株式会社 天勇
企画・アートディレクション:泉屋宏樹(iD.
題字:上田 普(書家)
協力:アサヒ精版印刷株式会社 杉本恭子(ライター) 大久保佳尚(bokuokubo/web制作)

繪草子「龍潭譚」公式サイト:http://www.ryutandan.net

  • 2012.04.08 Sunday
  • -
  • 09:56

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック