<< 流潭譚 創展 Tsukutten | main | 創展初日 >>

創展、搬入。

 この土日(3/14、15)、龍潭譚「創展」搬入に行ってまいりました。


とかいいながら、ぼくはうろうろしていただけで、
ほとんどアートディレクターの泉屋くんと、書家で題字を書いてくれた上田くんが
設営してくれたのですが(^^);


ライトを調整する上田くん。
今回展示物が大小いろいろあるにも関わらず、
クールで美しい展示ができたのは、
彼の美的センスに負うところが大きい。


これが今回初の試みの一つ。
ピグメントプリント×シルク版画×印版手押しのメデイアミックス新商品、
名付けて、『新錦絵/加電脳絹摺絵(しんにしきえ/くわえでんのうきぬのすりもの)』
僕が版を押させていただきました。


さらに絵師、刷師、圖案家のそれぞれの印が押されていきます。
これは浮世絵に習ったもの。それぞれが自信を持って制作した証。

その頃、上の版画工房では…。


刷師今泉浄治がシルク版画の制作中。


確実な手つきで次々と版が重ねられていきます。
親方、かっこよすぎる!


これまでDMやポスターにしていたきれいなお姐さんの繪を
今回シルク版画で売り出します。
なんと、24版27色31回刷り!なんと贅沢!!
蔦屋重三郎もびっくりですよ。


搬入終わり、とりあえず晩ご飯でおつかれさん会。
右奥から
今泉浄治(刷師)、中川学(絵師)、
左奥から
泉屋宏樹(圖案家)、上田普(書家)、山口智(音楽家)


僕の在廊は21・27のイベント日と、23、24。

というわけで創展、本日オープンです。
※写真は全て山口智氏提供です。智さん、ありがとうございます。



  • 2012.04.16 Monday
  • -
  • 09:04

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
profile